くすみ しみ

肌のくすみやしみの原因

くすみやしみは年齢を重ねるとともに気になるのがお肌のトラブルです。くすみやすみがお肌にできるのは、一体どうしてなのでしょうか。肌の広い範囲がくすむ場合と、肌全ての色が変わる場合、狭い部分のくすみなど、様々な肌のくすみがあります。古い皮膚がいつまでも肌に残っていたり、代謝が衰えたりといった原因で、肌はくすみやすくなります。血色がよく、ピンクっぽい色合いの肌は、血流がきちんと行き渡っている肌です。血流が悪化し、酸素が十分に血液に溶け込んでいないと黄色みがまし、肌がくすんで見えます。とはいえ、くすみへの影響度が高いのは紫外線です。紫外線が皮膚に当たると皮膚にあるメラノサイトという色素細胞が反応してメラニン色素を作ります。メラニン色素がつくられることで、紫外線の肌への影響を緩和しようというものです。大抵はメラニン色素は1、2ヶ月で消滅します。肌にシミができるのは、一度できたメラニン色素が排出されずに残ってしまうためです。体内で女性ホルモンがどれだけ活発に動いているかも、しみのでき方に関わっています。そのため、女性は生理になる2週間が、最もシミができやすい要注意期間となります。なぜ、しみ、くすみができるかは、解明されています。どこに主原因があるかを特定てれぎは、何をすればしみやくすみのない肌になれるかがわかりますので、まずはそこを抑えましょう。

くすみとしみの基本的なケア

くすみとしみにはどんな人でも年齢とともに肌の悩まされるものです。くすみやしみが目立たない肌をキープするためには、日頃からどんなスキンケアが効果があるのでしょう。紫外線から肌を守ること、肌を乾燥させないことが重要です。紫外線と乾燥の2つが、くすみやしみの多い肌をつくることからです。美肌に効果があると言われるビタミン誘導体を肌に与えたり、水分不足の肌に潤いをプラスするために美容液パックや化粧水を使うことで、しみケアをすることができます。しみやくすみの少ない肌になるためには、肌のお手入れを十分に行うことです。紫外線に対しては、一見曇って見える日でも油断は禁物です。UVカット効果がある化粧下地や、ファンデーションを活用するといいでしょう。食生活においても日頃から水分をたくさん摂って、栄養バランスの良い食事とビタミンC とビタミンA の摂取を心かげましょう。気づかないうちに、だんだんと肌の色がくすんでくるということがあります。しみが少なくくすみだけが目立つ場合は、皮膚の水分不足という可能性があります。水分をしっかり摂ること、紫外線から肌を守ることが大事です。紫外線のために肌が乾燥することがあるためです。年齢を重ねると、皮膚の新陳代謝が遅くなって古い角質層が皮膚にとどまり、透明度を失うことがあります。そうなると、肌は徐々にくすんで見えるようになります。血液の巡りがよくなれば新陳代謝が活発になり、古くなった皮膚が排出されやすくなります。血流を改善するには、エクササイズやマッサージなどがおすすめです。お肌のお手入れを毎日することで、しみやくすみの目立たない肌になりましょう。

エステでくすみやしみを解消

しみやくすみ年齢とともに気になる肌のトラブルです。家庭でできるスキンケアを続けているという人は少なくないようです。ただし、UVカットや保湿パックを日々熱心に行っていても、お肌の調子は一向によくならないという人もいるといいます。美肌ケアのためにエステを使う人もいます。エステでは、お肌のしみやくすみを解消するための専門的なサービスを受けられます。家庭ではできないようなスキンケアを、エステでプロの手で施してもらったり、美顔器を用いた美白ケアもしてもらえます。レーザーを使ってしみを取り除くこともできますし、最新のフェイシャル器機で肌のくすみを解消するコースもあります。美白コースを用意して、お肌の気になるしみやくすみを除去することができるというエステもあります。エステの美白コースでは、メラニン色素に作用して肌のくすみやしみを取り除き、白く美しい肌にするという方法も存在しています。定期的に美白ケアを受けることで、しみやくすみのない白い肌に近づきます。メラニン色素に作用するレーザー光は肌に対しては安全なので、肌への刺激が少ないというメリットもあります。しみやくすみケアを自宅で行うには、やはり限度があります。エステの美白コースを利用することで、美しいお肌になれる期待が持てます。